40代独身女性のお見合いパーティー体験談

Vol.6 40歳 女性 独身

この日参加したのは、過去に参加したことのないパーティー会社のものでした。私が住む地域では、お見合いパーティーを開催している会社が2社しか無いと思ってたのですが、最近、もう1社存在することを知り申し込むことにしたのです。しかもこの会社には「40代中心編」というお見合いパーティーがあったんです。

申込み基準は「男38~53歳位、女36~50歳位」となっています。30代のパーティーしか知らなかった私にとっては朗報です!!だって、40歳なりたての私は、この設定だと「若手」になりますからね。そんなわけで、ちょっぴり期待しながらの申込みとなりました。

会場を間違いながらもギリギリで到着し、ひと息ついて着席した後周囲を見渡すと・・・そこには、いまだかつて見たこともない光景が広がっていました。

殺風景な広い会議室に、会議用長机。男性が約10名、女性はたったの5名!どうやら、女性の人数が大幅に不足だったみたいです。そして・・・、まるで「村の寄り合い」かと見まごうばかりの男性陣!!(毒舌スミマセン)男性陣の、見栄えの悪さ(主に老け具合)にはかなり引きましたね・・・

[関連記事] 40代・50代向けのお見合いパーティーのまとめ

中高年に人気のお見合いパーティ(40代~50代向け)

でも、女性のほうも似たり寄ったりでした。一人だけ、清楚でスリムな美人がいましたが、その彼女もおそらく30代では無いと思います。もしかするとバツイチさんかもしれません。それ以外は、前回行った某社のパーティーに来ていた女性。もう一人は、どう見ても50代の、化粧が非常に濃い中年女性でした。

傲慢なことに、この時点で私は「もしかして私、やや有利かも!?」って思っちゃいました。まぁ、男性陣が男性陣だけに、大きな期待は出来ませんでしたが。


パーティーが始まり、男性陣との会話が始まりました。

半分ぐらいの人が40代後半~50代でしたね。バツイチさんも3,4人いました。過去のお見合いパーティーで会ったことがある人も3人ほど。県外の人が3名いたのにも驚きました!

ファーストインプレッションでの投票の時間になりました。
私が「○をつけてみてもいいかな」と思った人は2人しかいませんでした。
しかし、司会者は「必ず3名以上に○をつけて下さい。3名以下の場合は全員に○をつけたとみなします」と脅してきます。仕方がないので、もう一人は適当に○をつけました。

集計の待ち時間の間は「アプローチタイム」ということで自分のメッセージ入り(たとえば「もう一度会いたいです」とかメルアドとか)のアプローチカードを司会者を通して渡すコーナーです。なんとこの時私は、4名からのアプローチカードを貰いました!(過去のパーティーではせいぜい1,2名でした)

集計結果が配られました。
な、なんと!ありがたいことに、私は10名中8名の人に○をつけてもらいました。「これは人生最大のモテ期がやってきた!?」とばかりに、私はかなり浮き足立ちましたね~

・・・でもよく考えたら、男性陣は女性5名の中から3名に○をつけなくちゃいけなかったわけです。そりゃ、8名も○つくわな・・・。こんな簡単なことに、帰宅してようやく気づいたおバカな私帰宅するまで気づかなかった私は、幸せ者でした。

第2ラウンドが始まりました。
今回は人数が少ないので、もう一度全員と順番に会話して下さい、とのこと。「もう一度会話を」と言われても、一度目に誰と何を話したかほとんど覚えてませんでしたね・・・

最終投票になりました。
私はやはり、最初に思い浮かんだ2人に○を付けることにしました。そのうち本命の1人は、私に○をつけてくれなかったのできっとカップルにはなれないだろうと思い、2番目にいいなと思った人を1番上位に記入しました。

ちなみに私が1番手と2番手を選んだ理由は、住まいが割合近いと思える人が10人中半分で、しかもその中で会話がちゃんと出来て、かつ初婚という人が2人だけだった、ということなんです。家が隣町で公務員、という人からも○をつけてもらったけど離婚後3人の子供を育てているという話だったので、残念ながら却下しました。

[関連記事] 40代・50代向けのお見合いパーティーのまとめ

中高年に人気のお見合いパーティ(40代~50代向け)



さて結果発表です。

案の定、清楚でスリムな女性と私の本命さんがカップルになりました。そしてもう1組、私と私の2番手さんがめでたく(??)カップルとなりました~♪

お開きの後、私達は自分の連絡先を教え合いました。善は急げ!とばかりに、私は2番手の彼をお茶に誘いました。少々無防備ではと思いつつ、2番手さんは見るからに誠実そうな人だったんで大丈夫だって思いましたね。

私達は、近くの喫茶店へ行きました。2番手さんは、38歳と年下にもかかわらず、落ち着いた雰囲気。背が高くガッチリした体型で、私好みでした。服装はイマイチでしたが・・・

彼は、「あなたが僕を選んでくれるとは、夢にも思わなかったんで本当に驚きました。」としきりに感嘆していました。
この彼、結婚に対してはとても真剣なようで「いきなりで申し訳ないけれど・・・」と、自分の結婚観や過去のことを話し出しました。

また彼は「あなたのような人が結婚していないのは不思議です。失礼ですが本当に初婚ですか?もしよければ、言える範囲でその理由を教えてもらえませんか。」と聞いてきました。

私は言葉を濁しつつ「私は美人ではないし愛嬌もないので・・・。それ以外の理由は、会社に入った後に大学に通ったりして、好きなことをし放題だったのと、結婚にたどり着ける出会いが、今まで無かったんです。」とだけ答えました。その後、他愛もない雑談をしましたが、さすが恋愛経験者、話しやすくて良いカンジの人でした。

帰宅後、彼からは「もう一度お話がしたいです」と、サンキューメールが来ました。しかし・・・結論から言うと、私はお断りしてしまいました。(スミマセン)彼との結婚は考えられなかったので真剣な態度の彼を傷つけることは出来ませんでした。

断った主な理由は、叱られそうですが「年収」です。自分でも、とても低いと嘆いていました。具体的な数字は聞けませんでしたが、私と同じくらいだと言っていました。(私はプロフィールカードに年収を記入していたので)正直な彼は、この先昇給がほとんど見込めないこと、そのため多くの人が将来を悲観し転職していくこと、自分も家庭を持つなら今の会社には居られないと思っていること、などを私に語っていました。彼の人間性は、悪くなかったんですけど・・・。

もしも、彼がプロフィールカードに正直な年収を記入していたら・・・?私は、彼に○はしなかったと思います。それでは出会いの間口が狭くなってしまうから、あえて年収を記入しなかった彼の行動は、お見合いの達人(?)の私から言わせれば、間違っていないと思いますが・・・。難しいとこですね。

お断りした理由としてもう一つ、彼が、自分の不遇や会社のグチを多く語っていたことが挙げられます。良い人なのに、魅力が乏しかったのは、私がその辺のオーラを感じ取ったせいもあるかも知れません。年収が低くても、その仕事にやりがいや誇りを感じているのであれば人としてOKなんですけどね・・・。
「ボロは着てても心は錦」といったとこでしょうか(笑)


また、このパーティー会場には「軽食」や「ドリンク」は一切無く、あるのは「水」だけでした。
こんなお見合いパーティーもあるのかとちょっとビックリでも「40代中心編」、ちょっぴり味をしめたので、もう一度くらい参加してみてもいいかな~!?なんて思ってマス。

お見合いパーティー体験談大募集!

当サイトではみなさんのお見合いパーティーまたはカップリングパーティーの体験談を大募集しています。多分誰もが人の体験談に興味があると思いますので、みんなのためにも是非投稿して頂けたら嬉しいです。

基本的には投稿頂いてから1週間以内にはサイトに公開する予定です。特に内容に関してはどんなものでも構いませんが、明らかに悪意のある誹謗中傷が認められる場合は公開しない場合もありますのでご了承ください。

みなさんの体験談の投稿をお待ちしています! ⇒ 投稿はこちらからどうぞ!

パーティーの参加経験者はどのくらい?

婚活を始めた男女のうちどれくらいの人たちが婚活パーティーに参加しているのでしょう?
婚活アプリ“マッチアラーム”が2013年に行った統計結果によると、婚活を行っている会員さんの中で、婚活パーティーの参加経験者は、男性が20%・女性が26.9%でした。思ったよりも参加している人は少ないようです。その理由は「勇気がない」「堅苦しそう」などでした。女性の方が男性よりも参加経験者の数が上回っているのも驚きですね。
年代別に見てみると、このような結果になっています。
(男性)20~24歳(9.2%)、25~29際(20.3%)、30~34歳(29.2%)、35~39歳(34.1%)
(女性)20~24歳(12.3%)、25~29歳(31.2%)、30~34歳(37.2%)、35~39歳(53.3%)
どの年代も女性の方が参加経験者が多いようです。その理由にはパーティーの参加費が影響しているようです。女性の場合は無料~数千円であるのに対して男性は高めの設定になっています。気軽に参加するには金額が高目なのかもしれません。

女性の参加費無料の婚活パーティーの実態

女性の場合「無料だし行ってみようかな」と思う人もいるようです。お見合いパーティーに参加するにはなかなかの勇気がいります。でも“無料”の文字が背中をポンっと押してくれるのです。ただ考えたいのはその“質”です。真剣に結婚を考えているなら“無料のパーティーはさけた方がよい”これが結論です。理由は二つあります。
無料のパーティは競争率が上がります。無料なので誰もが簡単に参加できます。とくに結婚をしたいわけではない若い女の子たちがフラ~とやってくるのです。「彼氏はいるけど、無料だし楽しそうだから~」という感じです。そのようなわけで、若い女性=ライバルたちがたくさんいるので、競争率が当然上がってしまいます。
二つ目に男性の質です。そこへやってくる男性も若い女性がたくさんいることを分かっているので、「女の子と遊びたいな、若い子と連絡先を交換したいな」という軽いノリでやってくるのです。そういうパーティーで出会った男性はしつこく電話をかけてきたり、交際を迫ってくる人が多いようです。
きちんと婚活がしたいなら、それなりに費用がかかるところを選びましょう。男性にも女性にもきちんと参加費を求めるパーティーは、本人確認がとれていたり、男女比のバランスがとれています。本気度や真剣度、そして安心度が違います。

なぜ女性の参加費はやすいの?

男性が5000円前後の料金に対して、女性は500円や無料というところがあります。なんで平等じゃないの?と思うかもしれません。
これは単純に女性が集まらないと男性も集まらないので、集客のためです。この設定の影響で女性の参加経験者が多くなっているので、企業はこの方法で成功しているといえます。女性が無料のパーティーだと、女性はただで飲食をしに来ている人や、暇つぶしで来ている人もいるので、真剣に婚活をしている男性女性両方とも、集まらない傾向になっています。

レギュラーパーティーに参加する男性の平均年収は

年収金額が設定されているパーティーもありますが、普通のパーティーに参加する男性たちは周りの年収も気になるようです。高収入の方が人気があるからです。
平成27年度の賃金構造基本統計調査による、男性の平均年収の分布は以下のようになっています。
20~24歳が205.0(千)円、25~29歳が243.4(千)円、30~34歳が282.6(千)円、35~39歳が321.2(千)円、40~44歳が359.8(千)円、45~49歳が405.7(千)円、50~54歳が430.1(千)円、55~59歳が411.7(千)円、60~64歳が291.9(千)円、65~69歳が264.6(千)円
年収700万以上限定のエグゼクティブパーティーはこの平均からするとかなりのハイレベルであることがわかります。実際にパーティに参加している女性の方たちによると年代は24~50歳までの男性参加者で年収250万~800万ほどで、平均は400万~500万(30~40歳)くらいが多いようです。
年収が低いのでカップルになれないと心配する男性もいますが、多くの女性が男性を見る材料は年収だけではありません。人柄、ルックス、年齢、収入の総合的なバランスです。

好印象を持たれるスタイルは?

お見合パーティーの場合男性女性ともに第一印象がとても大事になります。好印象を持ってもらわないとその次の段階に進まないからです。男性の場合はスーツが無なんでしょう。休日でも問題ありません。クリーニングされたものを着ていきましょう。ポイントは清潔感です。服装だけでなく、靴とヘアスタイルも要チェックです。
女性も同じで、清潔感と清楚な雰囲気をだせる服装を選びましょう。ワンピースは人気があるようです。男性も女性も自分の好みをだせますが、あまり奇抜な服装はさけましょう。相手の好みに合わないとそこでアウトだからです。「だれからも好印象を持たれる無難な服装」を選んでください。

[関連記事] 40代・50代向けのお見合いパーティーのまとめ

中高年に人気のお見合いパーティ(40代~50代向け)