婚活パーティー攻略

年齢なんて関係ない!歳を気にせずパーティーを楽しもう!

更新日:

オーネット

お見合いパーティーでは、やはり実年齢を気にしている人もいるものです。異性に気に入られたいという思いからつい、年齢を偽ってしまう人も中にはいるようですが、それは結果論としてプラスになるのでしょうか?

ここでは、お見合いパーティーにおける年齢詐称について考えてみましょう。

どうせいつかはばれる、年齢詐称

『実はもう40歳を過ぎているのに、30代のほうがきっとカップルになれる確率が高くなるだろうと考えて、プロフィールに39歳と年齢を偽って書きました・・・。』

お見合いパーティーにおいてこのような人は、実は意外と多いものです。年齢詐称したことに対して、罰せられるなどの決まりもないですし、プロフィールカードの内容の真偽をいちいちチェックされることもほとんどないので、大抵の場合はすべて自己責任になります。

だからといって、仮にこんなふうに嘘をついてめでたくカップルになれたとしても、お付き合いをしていけば遅かれ早かれバレるに違いありません。中には彼女が嘘をついていたと知って、彼女の人間性に疑問を持ってしまう人だっているかもしれないのです。

お見合いパーティーであなたが相手に求めているものは誠実さだと思います。であれば当然相手の方もあなたに誠実さを求めているはずです。だとすれば年齢を偽ったりせずに正直に本当の年齢を言って正々堂々と勝負する方が、相手に誠実さが伝わるのではないでしょうか。

 

年齢詐称できないように、身分証明書を提出するパーティーも。

お見合いパーティーで年齢詐称する人が意外といると知って、どうしたものかと不安になる人もいるかもしれません。できることなら、誰だってそんなつまらない嘘をつく異性には引っかかりたくないものです。あとで本当のことを知って、なんだか裏切られたような気持ちになるのも嫌なものでしょう。

けれども最近のお見合いパーティーでは、会場の入口で健康保険証や運転免許証などの身分証明書を提示しなければ参加できないパーティーが増えています。これは参加者が年齢詐称などせずに安心してパーティーが行えるようにと、主催者が考えた対策です。

年齢詐称に騙されたくないという人は、このような身分証明書の提示が必須のお見合いパーティーを探すと良いでしょう。

 

年齢に自信がない人は年齢制限のあるパーティーに参加してみては

そもそも年齢詐称するような人は、要するに自分に自信がないのです。おそらく歳を取っていることがコンプレックスになっているのでしょう。実年齢のままでは到底勝負できないと自分で思い込んでいるのかもしれません。

ではいっそのこと、そういう人は年齢制限のあるお見合いパーティーに参加してみてはどうでしょうか?

例えば「40代・50代限定パーティー」というような条件付きのお見合いパーティーであれば、同世代の人ばかりが集まっているのであまり年齢が気になりません。それに参加者は、最初から相手の年齢を承知の上で参加しているので、年齢詐称などする必要がなく、正直に実年齢を伝えて楽しく会話することができるはずです。

近年様々なお見合いパーティーが開催されていますが、年齢や年収などの条件で限定されたパーティーも増えてきました。そういったパーティーに参加すれば、変な演技もせずに気持ちよく婚活できることと思います。

 







-婚活パーティー攻略
-, ,

Copyright© お見合いパーティーに行こう! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.