婚活パーティーで相手と会話をする際にはどういったことを話せばいいか気になるものです。テレビのタレントのように誰とでも饒舌に話が出来る人というのはめったにいませんので、同じ悩みを持つ人は結構少なくないというのが実情でしょう。

さて、では具体的にどうすればいいのでしょうか?そんな時に使えるのが「趣味」の話題なんです。

趣味の話題は盛り上がる

パーティー会場ではほとんどの場合、参加者はほぼ全員初対面です(一部の常連さん達は別として)。つまり、婚活パーティーでは誰もが相手のことを何も知らない状態で会話をすることになります。これでは何を話せば分かりませんよね?

こんな時はすぐ相手のプロフィールカードの趣味の欄をチェックしましょう。もし相手が同じ趣味を持っているということが分かった場合はラッキーです。すかさず同じ趣味の話題をきっかけに話し出せば会話もスムーズになります。

仮に旅行が趣味の場合ですと、これまでに旅をして印象に残った先の話をしたりも出来ますし、携帯にその時の写メを保存していれば見せ合って盛り上がることもできるのです。

人間というのは不思議なもので、興味を持つものが同じ人に対しては妙な親近感を抱くものです。なので、お互い初対面で少なからず緊張状態にある中、趣味が同じというだけで急に心の警戒が解けてリラックス状態になり、自然と話も弾み易くなるというわけです。

日常生活で趣味が合う異性と知り合う機会もそう多くありませんが、婚活パーティーのようなイベントで趣味が合う異性と知り合えたらそれは素直に幸運だと言えます。

趣味が同じというだけで最初の話から発展して仲良くなり、場合によっては一度休日に日帰り旅行に行きましょうと言う展開になることも十分考えられるのです。

 

趣味によって人間性もまる分かり

婚活パーティーのようなイベントではよく仕事の話も出ます。

パーティーに参加している異性がどういった職業なのかも気になる所なのですが、実際に付き合って恋人同士になれば、仕事以外の時間に何をしているのかも非常に気になる所です。

例えば仕事以外に興味あることがほとんどなく、休日にレジャーに行ったこともない人というのでは誰もあまり魅力を感じないでしょう。仕事も大事ですがやはり人間にはオンとオフの時間の区別も大切で、そういった意味からも多趣味な人の方が魅力的であるとも言えるのです。

また、人間は好きなことをしている時の方が本性が出やすいものです。

例えば仕事の時間はいつも厳しい顔をしている人が、いざ遊びとなれば子供のようにはしゃいで楽しそうな顔をするといったことはよくあります。そんな場面に遭遇すると、何かその人の素の姿を見た感じがしてなんとなくホッコリしてしまうものです。

つまり、「趣味が合う」というのは言い方を変えればこう言えるかもしれません。

 

趣味が多い人 → 好きなことをやってる人 = 素直に本性を出す人。

つまり

趣味が合う → 素の状態(本性)が同じ(似ている) = 本質的に価値観が合う(相性が良い)。

こんなに回りくどく言われなくても分かるわ!と言われそうですが(笑)、まあ要するにそれだけ趣味が合う相手とは相性が良い(ラッキー)ということが言いたいのです。

 

積極的に趣味をアピールするのが成功の近道

婚活パーティーで異性と話をする際、積極的に自分の趣味の話をすることは良いお相手に巡り合うための一つの早道です。

自己紹介の段階で話が噛み合わない異性との話はほどほどにして、共通の話題で盛り上がれる異性との時間を多く取る方が婚活パーティーの勝者になれる道は近いと言えます。

性格が真面目な方などは初対面の異性の前では仕事の話などに終始してしまいがちですが、そういった発想は変えた方がいいと思います。パーティーの時間ははっきり言って思ってるより短いです。他愛もない世間話や雑談をしてるとあっという間に終了してしまいます。

パーティーでは、限られた時間でいかに効率良く相性の良い相手を探すかが鍵です。話題の合わない人に費やす無駄な時間などありません。なのでもし趣味が合う人を見つけたらとにかくその人に積極的にアピールしましょう。もしそこで盛り上がれたらカップル成立はかなり近いかもしれませんよ。