独身貴族として周囲から羨ましがられていた20代。まだまだ全然余裕を決め込んでいた30代前半。これらの時期を順調にエンジョイしてきたはずが、30代後半に入りアラフォーの仲間入りをした頃から「このままじゃ一生独身のままかも・・・」などと急にに不安にかられ諦めモードに入ってしまっているアラフォー女子の方は案外少なくないのかもしれません。

歳を重ねていても魅力的な女性に見られる、年齢を気にせず意中の男性に気にいられるお見合いパーティーの攻略法をご紹介します。

自分の魅力がどこなのかを理解するのは自分を攻略する事

結婚を希望しているアラフォー女性達に共通する事、それは自分のどの部分をアピールしていいのか、自分の魅力がどこなのかを自分自身が理解していない事です。

お見合いパーティーに行けば、当然自分より若くてハリツヤのある女子が多いのは当たり前です。「私だって昔は」とか「若いだけじゃない」なんて年齢の事ばかり考えていると、誰もが持っているその人にしかない魅力が台無しになります。

どうしても考えてしまう年齢の事、一度忘れてみましょう。そして「私の魅力は何か」を考えて、自分自身の攻略をしてみましょう。

アラフォー女性には、アラフォー女性にしかない魅力が必ずあります。それを自分自身が理解していなければ、いつまで経っても結婚どころかお付き合いすらできません。現代の男性が求めているもの、それは年齢でも肌のハリやツヤでもなく、アラフォーの皆さんが今まで生きてきて経験してきた女性特有の包容力です。

 

包容力は年齢を重ねるごとにアップしています

仕事に、おけいこに、趣味に時間を費やしてきたアラフォー女性の持っている特徴が「自分の時間を大切にできている事」です。実はこれは男性にとって大切な事で、男性は自分を持っていない女性を苦手とする傾向があります。

逆に若い世代の女性は恋愛すると周りが見えなくなり、彼氏一筋になってしまう女性が大変多くいます。自分の要求ばかりを追求するあまり、好きな男性に愛想をつかされてしまうのが若い世代の女性の特徴です。自分の時間を大切にしたいという気持ちは男性にも共通する事で、お付き合いしている女性が自分のしたい事や思っている事をさせてくれて見守ってくれる事に、男性は女性の包容力を感じます。

お見合いの席では、この事を意識して男性と会話をする事が重要になってきます。意中の男性に気に入ってもらえないのは、これを上手く実践できていないからで、まさにこじらせ女子とはこの事です。

 

アラフォー女子の気合いの入れ過ぎは禁物

お見合いパーティーには結婚したい男女が集まります。もちろん皆気合いは十分に入っているはずです。しかし、アラフォー女子のお見合いパーティー攻略法は「気合いを入れすぎない事」です。

女性は気合いを入れすぎると外見ばかりに手を加えてしまうので、逆に若い世代の女性達から浮いて見えてしまいます。男性から見ると単に話しかけずらい年上の女になってしまうので、なるべくなら話しかけやすい外見を心がけましょう。もし普段から相談できるような異性の友達がいるなら、その友達にハッキリとアドバイスをもらうのも一つの手です。

お見合いパーティーに参加している男性陣にいかに「お話してみたいな」と思わせるか。それをクリアする事ができたら、後はアラフォー女子にしかない魅力的な会話で男性に良い印象を与える事ができるのです。