婚活パーティー攻略

婚活パーティーのあとにメールで相手との距離を縮める方法!

更新日:

オーネット

お見合いパーティーに参加した人とメールアドレスを交換し、やり取りをスタートさせたまでは良いけれど、上手く続ける事が出来ない、返事が来ない…頻度は?等と悩んでいる人も少なくないと思います。そんな方のために、どうすればいいのかをここで紹介していきます。

気になる彼とメールを長く続ける為には

お見合いパーティーで良いなぁと思った相手と嬉しい事にアドレス交換まで漕ぎ着けて、いざメールをしようとなった場合、どうやれば続ける事が出来るんだろう?と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

メールのやり取りは普段通り気負い無くやればいいだけの話なのですが、それが気になる相手だからこそ構えてしまうし、悩んでしまうわけですね。でも慎重に行動する事が出来れば、まずマイナスイメージが付く事はありませんし、これからも相手の人との仲も深める事が出来るでしょう。

とはいえ、まずは最初が肝心ですので押さえる所はしっかりと押さえるべきです。パーティーから帰宅したらまず、今日は有り難う御座いました、と言った無難な内容のメールを送ってみましょう。最初はこれだけで大丈夫です。

 

返信内容で自分のすべき行動が判断出来る

一番最初にお見合いパーティーでの感謝の気持ちを伝えるメールを送りましょうと書きましたが、実はこれに対する相手からの返信で、これからどうやり取りすれば良いかが何となく分かって来ます。

例えば、感謝のメールに対して、「こちらこそ有り難う御座いました。また機会があれば宜しく御願いします」といった無難な内容の返信が来た場合、残念ながら相手の人は貴方とメールのやり取りを続けたいとはあまり思っていないと言う事になってしまいます。この内容からは、相手が会話を続けようとはしておらず、返信しないのは申し訳ないので取り敢えずは無難な返信だけして終わらせてしまおうと言う気持ちが垣間見えます。

逆に、続けようとする気持ちが伺えるようなメールなどは、例えば「何月何日に食事でもどうですか?」等といった具体的な内容で送られて来たら高い頻度でのやり取りが期待出来ます。

 

メールをする上で絶対にやってはいけない事

話を進めます。お見合いパーティーで出会えた相手にメールを送った結果、食事にいく約束まで漕ぎ着けました。ただ、お互いの予定が合わずに約束の日はずいぶん先になってしまった・・・というような事はよくあります。

時間が経つうちに、相手が自分への気持ちが薄れてしまったらどうしよう。できれば常にメールを取り合っていたい。あなたに好意があれば、そう思ってしまうのは当然です。

しかし、無理にメールを続かせようとするのは禁物です。続かせたいがために、気がつけば自分の言いたいことばかり話して、相手が答えるばかりになっていませんか?相手の負担になっていませんか?このような気遣いができるかどうかも相手は感じ取っています。

こんな時は、自分のことを好きになってもらおうと急がず、相手に誠意と思いやりをもってメールをする。お互いがそんな気持ちを抱いていれば、どちらが先にメールをするかなどという悩みは、そもそも持たないのではないでしょうか?

みなさんの恋の成功をお祈りしています。







-婚活パーティー攻略

Copyright© お見合いパーティーに行こう! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.