婚活パーティーとお見合いパーティーの情報サイト/優良会社や体験談の紹介★

お見合いパーティーに行こう!

都会と地方の婚活パーティーの違いについて

食事とテーブルグラス

都会と地方とでは、お見合いパーティーにも色々な違いが見られるものです。将来、田舎暮らしをしたいと考えて地方のお見合いパーティーに行ってみようと思う人は、大きなギャップを感じることもあるでしょう。

ここでは、都会と地方のパーティーにおいて、それぞれの特徴や違いをまとめてみました。



都会より地方のほうがパーティー自体がゆっくりとした雰囲気

一概には言えませんが、一般的に都会に住んでいる人よりも地方で暮らしている人のほうが、考え方ものんびりとしているものです。お見合いパーティーでもそうした傾向は現れます。

都会でのパーティーは、分単位できっちりとタイムスケジュールが組まれている場合が多く、参加者も早口な人が多いので、あっという間に時間が過ぎていきます。段取りが良いことが魅力でもありますが、司会者も早口なのでなかなか聞き取れないな場合もあるなど、結構忙しい印象です。

一方地方のパーティーは、一対一の会話タイムもお互いゆっくりとお喋りして、多少終了時間が過ぎてもかまわないといった雰囲気があります。席替えなどの移動もゆっくりしており、焦らなくても良いのです。

地方のパーティーは、時間を気にすることなくマイペースでパーティーを楽しめるでしょう。


都会と田舎では、参加者の職業にも大きな違いが・・・

都会と地方では、お見合いパーティーに参加する人の職業にも大きな違いや特徴があります。

都会のパーティーではオフィスワーカーが多く、特にIT関連や不動産業などが目立ちます。女性は百貨店やアパレル関連、あと看護師や保育士の人が多いです。また、自営業ではIT系で一人でパソコン仕事をやったり、繁華街で個人店舗を経営しているような人が多いようです。

一方地方では、畑仕事や牧畜業、農協などの第一次産業関連の従事者が多く、自営業の人も多いでしょう。中には山を持っているような資産家もいますし、海に近いエリアでは、漁師などの漁業関連の仕事に就く人もいます。

このように職業や収入に関しての理想条件がある場合は、こうした点もしっかり考慮してお見合いパーティーに参加すると良いでしょう。


結婚してからの理想の暮らし方も違う

お見合いパーティーは、主に結婚を真面目に考えている婚活者が集まるパーティーです。そうなると将来的にどのようなライフスタイルにしたいかということも重要な条件になってくると思います。

都会では、共働きであったり今のままの仕事を続けるなどの選択も多いですが、地方の特徴として、嫁いだら(実)家の家業を手伝って欲しいと考える男性は多いものです。

地方で実家暮らしの男性の場合、先祖から代々受け継いでいる農業や牧畜業、あるいは商売などの家業を、家族ぐるみで営んでいるケースがよく見られます。

ですから、地方のお見合いパーティーに参加している男性は、「家の仕事の手伝いをしてもらえるかどうか」が女性を選ぶ際の重要な選考条件なので、そういう話題は必ずと言っていいほど出ると思っていていいでしょう。


このように、地方(特に田舎の地域)で開催されるパーティーでは、男性の仕事に対しての理解も必要になってきます。もし参加される場合は、この辺りの回答を準備しておいた方がよいかもしれません。