婚活コラム

婚活パーティーのトレンド 2015年版

更新日:

オーネット

パーティーグラス
2015年にトレンドとなっているお見合いパーティーにはいくつかの傾向が存在しています。参加者に条件を付ける事でジャンルが細分化されていたり、少人数制が人気を集めているものなのです。こうしたお見合いパーティーには大人数制にはない魅力が存在しています。その辺りを少し探ってみましょう。

細分化するお見合いパーティーの傾向

合コンだけでなく街コンの登場により、男女が出会う機会はひと昔前に比べて格段に増えています。もちろんお見合いパーティーのあり方も年代によって変化し、少人数制から大人数制、またスタッフが男女の仲を取り仕切るものから自由度の高いお見合いパーティーまでトレンドも様々に移り変わっています。

2015年のお見合いパーティーは、よりエントリーできる参加者の傾向が細分化されたものがトレンドになっています。結婚を見据えた男女にとって同じ趣味や傾向を持つ異性との出会いは欠かせません。そのため「オタク趣味」や「職業」など、エントリーする人を限定したお見合いパーティーが増えているものなのです。ちなみにこのタイプのパーティーにはオタク婚活の「アエルラ」、自衛官又は防衛省職員限定の「自衛隊プレミアムクラブ
」などがあります。

こうした傾向はお見合いパーティー以外の街コンや合コンでも見られる特徴です。

 

お見合いパーティーの進行に注目する

趣味や職業によって参加者を限定したお見合いパーティーに出席する場合、その中身にもこだわるようにしましょう。お見合いパーティーはどのような形式にものでも、大きく分けて二種類が存在しています。

ひとつは従来通りの、スタッフの進行が強いオーソドックスなスタイルのお見合いパーティーです。このスタイルのパーティーには例えば「エクシオ」や「ホワイトキー」「PARTY☆PARTY」などがあります。

このタイプは、運営側で異性と会話する切っ掛けやタイムスケジュールもきっちり設定されているので、満遍なく全ての参加者と会話できて便利です。また、初めて参加しても司会進行やスタッフの指示通りに動けばいいので、特に初心者の方にはオススメのタイプと言えます。

 

もうひとつは、フリースタイルのお見合いパーティーです。このスタイルのパーティーではスタッフが大まかな取り仕切りしか行ないませんので、参加者の男女は運営側に制限されることなく自由に異性の参加者とコミュニケーションが出来るのが特徴です。ただし、自分から積極的に素敵な異性に近付きアプローチする必要があるので、わりと会話力に自信のある人向けです。

このスタイルを採用しているのは「PREMIUM STATUS CLUB
」のような異業種交流パーティー系が多いですが、大抵のパーティー会社でもフリータイム中心の大人数イベントとして開催されているのが普通です。

2015年のお見合いパーティーではこのようなスタイルのパーティーの方が人気な傾向があります。

 

小規模になっているお見合いパーティー

街コンやSNS等の普及により男女の出会いの場が多様化するにつれて、お見合いパーティーに参加する人の数も減少傾向にあります。

ただ、なかには社会人サークルがお見合いパーティーを行なうケースも増えているので、2015年はこうした身近な仲間内の集いの流れからお見合いパーティーに参加する人の割合が多くなっている傾向があるようです。

もちろん参加者人数が減ったからと言って参加者にとって損になるとは限りません。例えば大人数のお見合いパーティーに参加したとしても、全ての参加者とは会話ができるとは限りません。また、参加人数が多いことはライバルも増えることを意味します。もし自分よりも素敵な同性が多く参加していれば、意中の人を取られてしまう確率も上がるのです。

 

一方少人数制のお見合いパーティーであれば、素敵な人が居た場合はじっくり話し込めるのでかえって有利です。さらに、特定の趣味を持つ人限定の趣味コンなどであれば、小規模の方が共通の話題で深い話まで語り合うこともできるのでカップル成功率も比較的高い傾向にあるようです。

 

今は個人の価値観の多様化に伴い、ニーズも細分化されています。これは婚活市場においても同じで、自分と価値観の合う人との出会いを求める傾向が強く、それに対応したパーティーも多く開催されています。みなさんも自分の趣味や価値観に合った人が参加するパーティーを探してみるといいと思います。

 







-婚活コラム
-,

Copyright© お見合いパーティーに行こう! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.