舌を出す女性

一部のお見合いパーティーには残念ながら出会いなど全く求めていないただ単純に人数合わせや見せ玉として参加しているいわゆる「サクラ」と呼ばれる人が混じっていることがあります。

サクラはほぼ女性で、主に主催者の会社からパーティーで女性が足りない時とかパーティーの女性の質を故意に高める目的などで金品を与えたり参加費を無料にするなどして集められるようです。

ちなみにサクラはお見合いパーティーの常連に声をかけてお願いする場合や、街頭でキャッチで一般女性に声をかける場合が多く、また中にはサクラのバイトとして1パーティーいくらで雇われている場合もあるようです。

 

そもそもお見合いパーティーは、男性の参加費で成り立っているようなものですので、いかに男性にパーティーに参加してもらうかが重要になってきます。

大手や評判の良い主催企業の場合はサクラを集めなくても集客には困らないのでサクラはほとんどいないのですが、特に一部の悪質なパーティー会社や零細企業・個人運営などのパーティーの場合は集客力に乏しくパーティーの募集をしても女性の参加者が少なくてパーティー自体が成り立たなくなってしまう場面によく遭遇するので、あわててサクラを用意するといった具合です。

サクラはせっかく出会いを楽しみにしてお金を出して参加する人の心を踏みにじります。もっともどの人がサクラかなんて分からないかもしれません。しかしやはりサクラはいないに越したことはないですし、女性と話しててサクラかもなんて疑ってては楽しむものも楽しめません。

当サイトでご紹介しているパーティー会社はそういった悪質な業者ではない信頼のおけるところを集めているつもりではいますが、もし万が一サクラを用意していたなどが分かりましたらメールフォームにてご連絡頂ければすぐに対処いたします。

 

サクラって本当に実在するの?

婚活パーティーでよく話題にでるのがサクラの存在です。「パーティーでいい感じになった人が実はサクラだった」なんて声もよく聞きます。

ここでサクラの定義ですが、「バイトとして頼まれてパーティーに参加する人」この場合は確実にサクラですが、「今日は人数に空きがあるので無料で、あるいは割引でパーティーに参加しませんか」と主催側からの連絡があって参加した人。この場合に関しては意見が分かれます。さらに「貯まったポイントで参加できる」という場合もグレイに思う人もいるようです。
実際ネット上では、「バイトでサクラになったことがある」という声や、「来るだけでお金もらえるんだから楽だよね」と話しているのをパーティーで聞いた。なんていう情報もあります。さらに「サクラを使うのは悪徳業者や小規模会社だけ」という人や「某大手企業からサクラを頼まれた」という人も。

一方で、「サクラはわりに合わない」「バレたら信用問題で会社の存続が危うくなるだけ、リスクが大きすぎる」という婚活会社の社員の話も。さらには「実際に婚活イベント会社で働いていたけど、雇っていなかった」という意見もあります。

そのようなわけで、実際にいるのかいないのかは断言するのは難しいといえます。もしかしたら企業によっても異なるのかもしれません。ですが、わからないとはいえもしもの時に備えて対策を練っておくのは大切です。もしサクラがいたとしたら・・

 

どうやったらサクラを見分けられる?

サクラの特徴と思われる5つのポイントを上げたいとおもいます。

1.妙な落ち着き・・

体験者の方の話では、サクラと思える方はほかの人とは雰囲気が違うようです。普通の参加者は少し緊張したような、そわそわ感があるそうですが、変な落ち着きが見られるそうです。
周りの参加者とは違うという別の面では、一人だけテンションが高い人、またノリがとてもよくて、場を盛り上げようと一生懸命の人も怪しいそうです。積極的に元気のない参加者に声をかけたりしていると主催者側の人と思われるそうです。さらに女性の場合は一度に何人かの男性とコミュニケーションが取れる人も怪しいとか。婚活パーティーに来る人は、シャイで人とコミュニケーションをとるのが苦手ゆえに彼氏ができない!という考えからきているようです。

2.熱意が感じられない。

多くの人が結婚相手を探そう!という目的で来ているのに対して、サクラはそうした目的がないのでどこか冷めていて相手に関心がないように見えるようです。上手に相手に話は合わすけども、熱心に質問したりはせずにうまく受け流すという感じが見られるそうです。またフリータイムで動かずに受け身の人はサクラかもと思われるようです。

3.パーフェクトな人

世の中にはパーフェクトな人もいますが・・。参加者たちから見るとそのような人はサクラの可能性が高いのだとか。イケメンで、オシャレでスタイルもよくて、会話も上手で、高収入な人、そんな人はこんなところにいるはずない!!なのにいる!!怪しい!となるようです。また自分に不釣り合いなほど年齢が若かったり、イケメンすぎる人が寄ってくるとサクラでは?と疑う人もいるようです。

4.褒めすぎる人

褒められるのは誰でも嬉しいですが、日本人は褒めるのが下手な国民。初対面なのに、やたらたくさん褒めてくる人は信用されないようです。何か裏があるのでは?と思われてしまうようですね。もしかしたら本当にあるのかもしれないですが。褒められないのも寂しいですし、褒められすぎるのも怖いのです。微妙なさじ加減がきっと大事なのですね。

5.名前を記入するペンに迷いがない

お見合いパーティーでは、最初と最後に気に入った人の名前を書く用紙が渡されますが、その時に異性の名前を迷いなく書いている人はサクラの可能性があるようです。なぜなら普通は誰にしようかと少しは考えるはず。たとえ気に入っている人が一人決まっていたとしても、「本当にこの人でいいのかな?」と考えるそうです。ですがサクラにはその心配はないということで、名前をスラスラと迷いなく書いている人はサクラなのかも?!

 

自分らしくパーティーに参加しよう!

 

結局のところ、サクラなのかそうでないのかは誰も判断できません。カップルになった後でも「この人サクラだったかも?」と心配することもあるそうです。サクラはカップル成立はしないといわれていますが、もはや何が正しいのかは情報がありすぎてわかりません。連絡先を交換してメールを二三回したあとに、音信不通になったのは「きっとサクラだったからだ」と思う人もいるようです。そうだったかもしれないし、違うかもしれませんが、婚活パーティーには、いろんな人が参加しているということを忘れないようにしておきましょう。
「試しに参加してみよう」という軽い気持ちの人もいて、ガンガンアプローチしない人もいます。褒めるのがとっても上手な人もいます。何回もパーティーに参加しているので、パーティー慣れしてしまった人もいます。もしかしたら、業者の誘いで参加した人もステキな人にあってカップルになることもあるかもしれません。そんなわけで、いろんな人がいることを分かったうえで、自分らしく参加しましょう。いつか素敵な人に出会うことを楽しみにしながら。

サクラ・やらせが一切ないことを宣言している主催者

エヴァ パーティー