これだけ色んな種類の婚活イベントの選択肢があると、自分に合ったものを選べる反面、どれに参加すればいいのかわからないという人も少なくないかもしれないですね。

そこで、オーソドックスな婚活イベントであるお見合いパーティーのメリット・デメリットを書いてみようと思います。ではまずは、お見合いパーティーのデメリットをご紹介します。
>>お見合いパーティーのメリットについてはこちら

 

結局、良くも悪くも運(参加者)次第

 

いきなり核心を突いてしまうようですが、あえて最初に言います。

そうです、お見合いパーティーの大きなデメリットのひとつは、なんだかんだ言って、結局そのパーティーの参加者次第で結果が大きく左右されてしまうということです。

 

まあ、これはお見合いパーティーに限ったことではなく、参加型の婚活イベント全般に言えることではありますが、結局最終的に問題なのは、そのパーティーの参加者の中にあなたのお目当てになるような人が参加しているかどうかです。
参加するパーティーの企画が、仮にエグゼクティブ限定とかモデルや容姿端麗限定とか、医者・弁護士などのステータス系のように高スペックの参加者が多かったとしても、最終的にあなたが「この人がイイっ!」と思えるような人がいなければ、はっきり言えば時間とお金の無駄使いなわけですよね。
そう、ということで、お見合いパーティーの最大のデメリットは、参加してみないとどうなるかわからない。つまり、かなりの運次第だということです。

 

 

あまりゆっくりと相手と話せずに終わったりする

 

お見合いパーティー経験者なら結構心当たりがある方は多いと思いますが、まだ参加したことがない方のために書いておきます。
正直言うと、お見合いパーティーって、結構忙しくてのんびり相手と話せる時間がない場合が多いんです。

 

テレビなどでドリンク片手にゆっくり話してる映像なんかを見てると、そんなことないと思われるかもしれませんが、実際のごくありふれたお見合いパーティーでは全然違ったりします。
大半のきちんとしたパーティーでは進行が既にきっちりパッケージ化されてますから、タイムスケジュールが分単位でタイトに組んであります。だから当日は、そのタイトなスケジュールに従って、やれ自己紹介だ、次はインプレッションカードに記入してとか、では席替えしてくださいとか、相手を変えてくださいとか、司会者からもうどんどん指示が飛んで来ますので、それこなすだけでも結構忙しいんですよ。ホントに。
だから、当日は会場でのんびり相手を物色してからゆっくり話せばいいかなんて軽く考えていると、あれよあれよと司会者の指示通りこなすだけで精一杯で、結局ほとんどしゃべることなく終了~ってことがよくあります。
もちろん、これは参加人数やそのパーティーのスケジュールによって違ってきますけど、いずれにしてもお見合いパーティーでは、相手と膝を突き合わせてゆっくり身の上話なんてほぼ出来ないと考えていていいでしょう。

 

【このデメリットを解決してくれる記事はこちら】
>>個室でのお見合いパーティー

 

 

 

身分証提示が必須でもプロフィールカードは100%信用できない

これ、意外に気がついていない人が多いお見合いパーティーの盲点です。どういうことなのか、今から説明しますね。

 

今は大半のパーティーで身分証の提示が参加条件になっていると思いますが、それで安心して参加する方も多いと思います。特に女性はその当たりを気にする人が多く、パーティーの参加条件として身分証提示が必須となっているものを探す人もいるんじゃないでしょうか。

 

でも、ちょっと待ってください。確かにパーティーの受付では運転免許証などの身分証をチェックされて会場に入るので、そこまではいいんです。ただ問題は会場に入った後に記入するプロフィールカード(自己紹介カード)にあります。
これ、名前や年齢、仕事や趣味などの記入欄があって、自己紹介の時に会話の糸口になるよう記入するカードなんですが、実はこれ、仮にウソの内容を書いても誰からもチェックされないので、もし参加者がわざとウソのプロフィールを書いていたとしてもバレないということをご存知でしょうか?

 

そう、お見合いパーティーでの隠れたデメリットは、相手のプロフィールが本当なのかウソなのかが判断できないということです。
どうですか?これ、今まで気がつかなかったという人も多いかもしれませんね。もっとも、そんな参加者がいればの話ですが、でも、実際に全然あり得ることですし、例えば、サクラの人とか、単なる遊びで来た人とか、全然やる気のない単なる冷やかし参加者だったら、プロフィールにまるっきりウソを書く可能性はかなり高いと思いませんか?
まあ、でもこればかりは確かめようがないので、気のつけようもないですが、そういうことも含めデメリットとさせて頂きます。

 

フリータイムで誰も来てくれないと心が折れる

 

 

これ、ほぼ女性側のデメリットです。

 

もうこのままのことなんですが、ごく一般的なお見合いパーティーでは、前半に自己紹介、後半にフリータイムという構成になっていて、後半のフリータイムでは大抵のパーティーで男性側が好きな女性の所に移動するスタイルになっているわけです。

 

で、そのフリータイム時に男性参加者が誰も自分の所に来てくれず、ずっと一人っきりでやることなく居心地の悪い状態で過ごさなくてはいけなくなることはよくあることです。当然、そんな女性はかなりの確率でカップルにはなれないでしょうから、結局お金払って心が折れてしまっただけということになりかねません。

 

ですから、もし、こんな経験はしたくない!という方は、フリータイムがないお見合いパーティーに参加するなどすればいいと思いますよ。
【このデメリットを解決してくれる記事はこちら】
>>一人参加する女子におススメ「フリータイムなしのお見合いパーティー」

 

 

 

このように、お見合いパーティーにも様々なデメリットはあります。もちろん、逆にメリットもたくさんあります。いずれにしても、何がメリットで何がデメリットなのかは人によって捉え方が違いますので、これらのことも頭においた上で、自分に合うと思うパーティーに参加するのが一番だと思います。

 

 

 

 

他の参加者との距離が近いので、話に集中できない

お見合いパーティーに行ったことのある方ならわかると思いますが、パーティーは一般的に小さな一つの会場で行うために、他の参加者との距離がとても近いのです。一対一で会話をしますが、隣の席がとても近いので話はもちろん全部丸聞こえです。気にならない方もいると思いますが、最初はどうしても気になってしまう人が多いようです。
例えば相手の方との会話が弾んでいれば、隣の席の人たちが何を話しているか耳に入らないかもしれませんが、もし沈黙の時間があったとしたら。隣の席の会話に注意が向いてしまいます。さらにもし、両隣の席が沈黙していたら、それはそれで話しずらいです。
さらに全員が同時に話し出すわけですから、声が小さい人だったら聞くのも一苦労です。なかなか一人の人の話に集中するのは難しいでしょう。

 

そのような時には個室パーティーがおススメです。個室パーティーはパーティションで仕切られているので、周りを気にせずに落ち着いては一人の方と話すことができます。一対一で話す企画があっても、話しに集中できなければ“相手のことをよく知る”という目的は達成できないので、じっくり話したい人はこちらの方がおススメです。

 

全く成果なしに終わることもある

当然ですが、お見合いパーティーに参加しても必ず結婚につながるようないい出会いができるわけではありません。もちろん出会いを求めてくるのですが、カップルになる確率は高くても50%ほどです。残念ながら二人に一人は何の収穫もなくパーティーを終えるということです。

 

この状況に拍車をかけるのが、サクラの存在です。意気投合してよかったと思っても一回か二回連絡して終わってしまうこともあるようです。せっかく気の合う人に出会えたと思ってももしそれがサクラだったら、落ち込み度100%ですね・・・。その点で比較的信頼できるのが連盟が主催するお見合いパーティーです。参加者は結婚相談所の会員の方なので一般で開催されるパーティーよりも信頼できそうです。
さらに大事なのは成功が望めそうなパーティーを選ぶことです。例えばもし35歳なら、「35歳~45歳」までの年齢制限のあるパーティーに参加することができます。そうすると自分が最年少になるので、少しアドバンテージがあがります。

 

緊張のためにうまく話せない

お見合いパーティーの魅力は、相手の人と一対一で話せることです。ですがそれがかえってデメリットになることもあります。内気な人でなくても、初対面の人と二人だけで話すのは緊張します。まして人見知りだったり、人と話すのがそんななに得意でない方にとってはハードルが高いかもしれません。
積極的に質問したり、相手の目を見て話したりできるかな・・・?って考えてみてもいいかもしれません。緊張して何も話せないと、せっかく参加したのに落ち込んで帰ってくることになってしまうかもしれません。

 

さらにはただ緊張して話せないだけなのに、相手が「自分のことが嫌いなのかも」と思ってしまうかもしれません。ですから相手とのコミュニケーションがしっかりとれるかどうか、申し込む前に考えてみましょう。
何回か参加してもどうしてもどうしても慣れない・・。というときは別の企画パティーを選んでみるのもいいですね。例えばもっと気軽に参加できる屋外でできる合コンや、イベント形式のパーティーもあるようです。そちらを検討してみるのもよいかもしれません。

 

「こんなに大変なら、自然に出会うのを待った方がいいのかな」と思う人もいるかもしれません。ですが実はお見合い結婚は恋愛結婚より離婚率が低いそうです。本当に結婚を考えているのなら、周りの人に相談しながら“場”をセッティングしてもらうのもいいのでは?

パティーの多くは夜中心

多くのお見合いパーティーは夜に開催されることが多いようです。仕事帰りに行けるので、わざわざ休みの日に行く必要もありません。
ただ、残業が多くて帰りが何時になるかわからない方や夜勤の方、など決まって夜に外出するのが難しい方にとっては不利です。
ですが、少ないとはいえ、週中の昼間や土日限定で行われているものもあります。そこを狙って参加してみてもいいですね。

 

忙しいので、とても疲れる

お見合い形式のパーティーでは、男性が席をぐるぐると移動して次々に話していくシステムです。そして時間はわずか3分程度。先ほどお話したように隣の席が近いので、話に集中するのが難しのです。聞き漏らすまいと一生懸命聞けば、当然つかれます。
その結果メモをする時間さえなく、終わってみると「あの人は何番だったかな?」「どの人が感じがよかったんだっけな?」と覚えていないことも。さらには「じっくり話ができないのでどの人がいいかわからない」そんな結果になることもあるそうです。

 

どんなものにもメリットデメリットはありますね。自分の性格や生活スタイルなどを総合的に考えて、どの婚活スタイルがあっているのか選択しましょう。費用と時間も大切なあなたの資産ですから、無駄にならないようにしてください。

 

お見合いパーティーのデメリットとは②

見た目が大事なお見合いパーティー

第一印象というものは大事なものです。「イケメン」「美人」だけが結婚相手としてふさわしいわけでないことは誰でもわかっていますが、美しいものに惹かれてしまうのはどの人も同じです。

相手の魅力的な内面が見えれば、外見は関係なくなりますが、お見合いパーティーではなかなか難しいのが現状です。
なんといっても面と向かって話ができる時間は3分ほど。3分で人の内面の何がわかるの?という声には誰もが納得だと思います。そうなると第一印象で惹かれるのはやはり外見。おそらく全員がきちっとした服装で参加して清潔感があると思いますが、ルックスやスタイルは変えられません。しかも好みのタイプであればなおさらです。

その次に大事になるのが社会的立場です。職業、年収。どれだけ真面目に働いてきたかより、目に見える収入の額に注目されてしまうのです。残念ながら・・・。

そのようなわけで、ルックス、社会的立場のレベルがそこそこでなければ、性格が最上級によくても選ばれるのは難しいのです・・。そうとう人を見る目があって、性格を読める人がいない限りは。カップルにならなければ婚活の終わりが見えてきません。

ですから目指すところは、感じのいい人!話しが上手!さわやか!。このような好感を持ってもらえれば成功につながります!

お見合いパーティーは見た目ダイジ!の雰囲気がありますが、それが苦手という方は婚活サイトを利用しているそうです。「出会い系サイト」と名前が似ていますが別物です。
婚活サイトは登録時に顔写真付きの身分証明書やクレジットカードなどの証明書を提出しなければならないので、登録するハードルが出会い系サイトと異なって高いです。そういうわけで、真剣に結婚相手がしている人に限定されます。そしてほとんどの場合固定費用も必要です。

結婚願望の温度差

結婚相談所でお見合いをする人たちに比べると、お見合いパーティー参加者の結婚願望は弱いようです。結婚相談所の会員になるには費用も毎月かかるので、みなさんかなり真剣です。それに比べて一般の企業が企画しているお見合いパーティーは、比較的簡単に出席しています。女性なら無料というところもあります。

ですからそこで温度差ができてしまって、自分だけすごく頑張ってる感が出てしまうときもあります。みんながそうなら気にならないですが、そうでないとアウェイ感を感じてしまうのです。せっかく結婚相手を見つけよう!と気合をいれてきているのに、相手がそうでもなかったら戦意喪失してしまいますね。

さらに脅威になるのがサクラの存在。サクラは多くの場合容姿がよく、話がうまくて、高学歴(プロフィール上?)。自分が好感を持っている人がサクラに惹かれてしまったら・・。仕方のないことですが、カップルになるのは難しくなってしまいます。ですが連絡先やメールの交換をして、デートになれば、もっとよく知り合うことがえきるでしょう。

面と向かって話すので緊張する

外見もさることながら会話力も必要とされるお見合いパーティー。もちろん普通の社会人であれば、誰とでも問題なく話ができますが、シチュエーションも独特ですし、しかも初対面なので、普通の人でも少し緊張します。そしてさらに自分をよく見せたいという気持ちも相まって緊張はマックスに。そして相手は真正面に座っているのでとても近く感じます。

ですから人と上手に話すのが苦手な人や、内気な人は最初はかなりハードルが高いでしょう。

ですが助けがないわけではありません。その会話の助けになってくれるのが、プロフィールカードです。そこには相手の趣味や休日の過ごし方などが記載してあるので、それを見ながら話を進めることができます。話題に困ったときにはそこに書いてあることを持ち出して質問することができます。ですからそんなにい心配する必要はないように思います。最初は誰でも緊張するそうですが、慣れてくればうまく話せるようになるようです。もしどうしても慣れないな・・と感じたときには別の形式のパーティーを選ぶことも一つの方法です。

一対一で話すお見合い形式のパーティーだけでなく、料理やゲームを一緒にするイベント形式のものもあります。いろいろ調べてみる価値はありそうです。

とても疲れる

お見合いパーティーはとにかく忙しいと有名です。男性が次々と席を移動し女性と話をしていくのです。その所要時間は一人3分程度。係りの方の合図があったらすぐに隣の席に移動して話し始めるそうです。手元にはどの相手がよかったか記録を残せる用紙があるようですが、メモする時間もないそうです。ですから最後には、どの人が良かったか覚えていないという参加者の方もいるそうです。

多い時には20人の参加者がいて、20人×3分=1時間という計算になります。終わったらぐったりするのも想像できそうです。

たくさんの人と出会いたい、自分で相手をしっかり見たい、自分との相性を確認したいという人には向いているかもしれないですね。

メリットデメリット両方を検討したうえで、自分にあう婚活を続けてください。

お見合いパーティーのデメリットは③

お見合いパティーのメリット

①出会いの回数が多い

結婚相談所の登録、婚活サイト、お見合いパーティーと婚活に力を入れている方はとても多いです。“仕事も恋も充実している”という人はほんの一握りかも知れません。朝から晩まで仕事をしていると、結婚相手に出会うことなどほぼないといっても過言ではないでしょう。

ですから、そろそろ結婚をしたいなと考えている人は積極的に婚活を行っているのです。そうであれば大事なのは出会いの数!“数撃ちゃ当たる”というものではないですが、いいなと思ってからその人に会うまで時間がかかる、婚活サイトや結婚相談所とは違って、お見合いパーティーは参加さえすればすぐに会うことができるのです。

一度にたくさんの異性に合うことができ、その中から自分と相性のいい人を選べるのも魅力の一つです。

②お手頃価格

お見合いパーティーに参加する費用は、男性で3,000~5,000円、女性なら無料~3,000ととてもローコストです。それに比べて結婚相談所は月々の会員費に加え結婚が決まれば成婚費用も必要です。さらに婚活サイトも毎月会員費用がかかります。

③効率よく婚活できる

結婚相手の条件として年収や年齢を上げている人は大勢います。お見合いパーティーでは参加者の条件を限定して人を集めています。例えば年収1,000万以上、職業は公務員など。そのように初めから限定されたパーティーに参加することで、効率よく理想の条件の男性に会うことができるのです。車好きを集めたパーティーなどマニアックなものもあるそうですよ。

④コミュニケーション力が上がる

お見合いパーティーでは初対面の人と話す機会が何度もあるので、次第に慣れて異性とも緊張せずに上手にコミュニケーションがとれるようになります。コミュニケーション力は婚活中だけでなく、その先も役に立つでしょう。

お見合いパティーのデメリット

①信頼できる会社を自分で選ぶ必要がある。

お見合いパーティーの情報は、多くの場合ネット上に乗っています。多くの企業がお見合いパーティーのサービスを提供しているので、その中から信頼できるものを選ばなくてはいけません。中には悪徳のものあるので注意が必要です。個人情報も登録しなくてはいけないのでしっかり管理・保護してくれる会社かどうかも調べる必要があります。その点で結婚相談所は組織が大きくしっかりしているのでコストはかかりますが、安心です。相手の方の信頼性も高いでしょう

ネットで婚活をする場合は、悪質なサイトにも注意する必要があります。出会い系サイトなど真面目に結婚相手を探しているわけではなく、遊びでの出会いの場を提供しているものもあります。真剣に出会いを探している人を標的にして立ち上げているサイトもあるので十分に注意してください。

②その場限りの出会いになることが多い

お見合いパーティーのカップル率ってどのくらいだか知っていますか?高くても50%だそうです。ですから二人に一人は何の収穫もなく残念な結果になってしまいます。楽しさを求めて参加する人と違って、本当に結婚相手を探している人は、カップルになれないとがっくり肩を落としてしまいますね。
結婚相談所連盟が主催するお見合いパーティーなどは、当日気になっている人にあまりアプローチができなかったり、話す機会がなくても、相談所を通して後日連絡を取ってもらうことができるそうです。自分から連絡先を訪ねる勇気ができない方にはおススメです。

③落ち着いて話ができない

お見合いパーティーは一つの会場で行われることがおおく、隣の席がとても近いので、落ち着いて話すことができないそうです。「よーいスタート!」といった風に一斉に会話を始めるので相手の声を聞き取るのも大変。隣に何か起きればそちらが気になりますし、自分たちが無言になってしまっても、隣の会話が全部耳に入ってきます。そういうわけで相手のことを少しでも知りたいと思う方は、個室パーティーなど仕切られたスペースで話ができるものを選ぶといいかもしれません。

④忙しくて、疲れる

参加したことのある方は分かるかもしれませんが、お見合いパーティーは男性が一定の時間ごとに次々と席を移動して、女性と話していく形式です。時間は普通で2~3分。多いところで5分程度です。2~3分毎に初対面の方と話すというのは、相当神経を使うでしょう。頭も混乱してしまいそうですね。手元には、どの異性がよかったかをチェックする用紙がありますが、次々とやってくるのでメモする時間もないそうです。話好きな方には向いているかもしれません。

⑤緊張で会話が続かない

一対一の対面なので、話をしなくてはいけないのですが、人見知りの方や初対面の緊張から、うまく言葉が出てこないこともあるようです。質問をしたり、答えたりと流れるようなコミュニケーションが必要ですが、緊張がそれを妨げてしまうのです。結局、相手の印象にも残らず、相手のこともよくわからないで終わってしまったということも度々・・。

メリットデメリットを考えて、あなたらしい婚活を!